大阪に住んでいる方はラッキーですね。大阪には安心してレーシックが受けられる大手眼科がたくさんあります。一番のおすすめの品川近視クリニック(大阪梅田院)やSBC新宿近視クリニック、銀糸眼科、小さなところでも高槻眼科、、和泉診療所、フジモト眼科西眼科病院、稲澤クリニック、坪井眼科、鈴木アイクリニックなど選ぶのが難しいですね。

では大阪のレーシッククリニックの選び方を紹介します。
クリニックの選択は、実績と対応に尽きると思います。品川近視クリニックは一番かどうかは知りませんが、実績もありますし手術を受けるのには申し分ないでしょう。

コースの選択は、手術後の効果と手術代金との兼ね合いでしょう。単にレーシックと呼ばれるコースは代金が安いですから、あまりお金をかけたくない時には良い選択でしょう。

イントラレーシックまたは他の名前もいろいろありますが、フラップを作成する時にレーザーを使う手術は、代金は高くなりますがそれなりに手術後の効果は期待できます。大阪のレーシック眼科にはだいたいイントラレーシックが受けれるところが多いですが、ないところはやめておきましょう。(※参考サイト:http://www.yorklandhotel.com/

この中でも、アイレーシックという名前がついているコースは、アメリカのNASAも認めている手術方法ですから、最高のものを希望されるのであれば、このコースを選択するのが良いと思います。


レーシックが受けられない場合とは?

■レーシック手術が受けられない場合

レーシックの手術を受けることができない場合は、いくつかあります。そのパターンとは、角膜が関係している場合や、年齢、そして職業といった問題から、受けられない人がいます。

まず、角膜が原因で手術を受けることができない場合とは、角膜の厚みが関係しています。レーシックの手術とは、角膜を削ってから、レーザーにより視力を向上させるものです。そのため、角膜には一定以上の厚みが必要となっています。
■レーシツク手術はフラップをつくる
そもそもレーシック手術は、最初に角膜の表面部分を薄く削って蓋の役目をするフラップと呼ばれるものを作ります。
その後に、視力矯正のためにフラップの下の角膜を削ります。あとは、フラップをかぶせて終わります。

レーシックってどんな手術ですか?

レーシックの手術は、クリニックのWEBサイトを見てみるとわかると思いますが、一種類ではありません。価格も、十万円以下のコースから数十万円のコースまで何種類もありますし、コースの名前もクリニックごとに異なっている事が多いです。

実際の手術は、大きく二種類に分けられますが、その前に簡単な手術のやり方を説明します。
■網膜剥離について
一般的な網膜剥離は、目の中の大部分を占める硝子体から(光を感じる)網膜が裂ける(はがれる)ことをいいます。これは、硝子体の動きに網膜がついていけずに起こることが多いようです。

裂けた部分が小さい場合は、レーザーによって裂けたまわりを焼き付ける治療がなされますが、それでは対処できない時は手術する事になります。手術(治療)の後にある程度安定するまで一年程度かかるとされています。